Artist (Painter)

Asami Moriya

_Q4A3688.jpg
HOME 02.jpg

 - CONCEPT -

 私の作品を観た人達は描かれている生物を奇妙、不思議だという。作品に登場する主役の生物たちは想像上の生物である。

 制作するに辺り、動物や植物を参考にしている。

 また、日頃見慣れた日常生活的な物(果物・野菜・魚・肉など)の表面・質感・形を観察し、作品上の生物を創り上げていく為のヒントとしている。そして自分の想像上の生物がよりリアリティーのある異様で奇妙な生物となるように構成している。

 このようにして私が産み出した一体一体の生物は、海・山・洞窟などの自然界に囲まれた環境に生息し、属している。それを表現したのが私の数々の作品たちである。例えていうならば、一つ一つの作品は宇宙に浮かぶ月・水星・木星・金星といった星の物語の一部である。私は現在、宇宙にある星々を創っている最中である。一つ一つ、星の物語を創り上げていくことで大きな宇宙を形成していきたいと考えている。

 星を作品とするならば、宇宙とは何だろうか?私の人生そのものだろうか?まだまだ未知数である。これまでの作品を振り返ってみると、一つのテーマとして「母性」「女性」「性」「生命」を意識し始めているのを感じている。

 このようにして意識し始めるテーマの一つ一つを観点に数々の星の物語を制作することで私の宇宙を世界を創っていきたい。

 

Concept

  People who have seen my artwork say that the creatures I paint are odd yet intriguing.

The main creatures that appear in my paintings are imaginary creatures.

In creating them, I refer to plants and animals.

I also observe the surfaces, textures and shapes of everyday things in my life (for example, fruits, vegetables, fish, meat, etc.) and am inspired to produce the creatures in my art.

From there, I then construct my imaginary creatures to become even more realistically strange and peculiar creatures.

Each of the creatures created in this way inhabit and are part of their environment, surrounded by the world of nature with oceans, mountains, caves, and so on.

The creatures which I present in my paintings are my art.

Metaphorically speaking, each one of my pieces is part of a story of floating planets in space, like the Moon, Mercury, Jupiter, and Venus.

Currently, it’s like I’m in the middle of creating stars in space.

I’m hoping to form a massive galaxy by building up the star stories one by one.

  If the stars are my art pieces, then what is space? Is it my life itself? This is still unknown.

Looking back on my artwork up to this point, I feel that I have started to become aware of ‘Motherhood’, ‘Femininity’, ‘Gender’, and ’Life’ as some of my themes.

  Through the perspective of each theme that I discern, I’m creating my space world by producing a variety of stories.